骨盤矯正をする前に知っておきたいこと

人間の上半身と下半身を繋ぐ重要な役割を果たしているのが、骨盤です。骨盤が日常生活の癖などで正しい位置からずれて歪んでしまうと、そのずれの影響は身体の他の部位にまで及んでしまいます。特に女性は骨盤の下の方に子宮があることから、妊娠や出産によって骨盤には大きなずれが生じてしまうことがあります。そのずれを正して、さまざまな不快な症状を改善していこうとするのが骨盤矯正になります。骨盤のずれを放置してしまうとさまざまな不快な症状が出てきたり、症状が悪化してしまうこともありますので正しい位置に戻すことが必要になってきますが、施術を行う前にきちんと理解しておかなければいけないことがあります。「一度正しい位置に骨盤を戻せば、それで終わり」というわけではありません。

なぜ骨盤が歪んでしまうと不調が出るのか

骨盤はまるで器のような形をしているのですが、腸や子宮など多くの臓器を支える役目も果たしています。そのため、支えるものである骨盤が本来の位置からずれてしまうと、骨盤に支えられている臓器にまで影響が及んでしまいます。臓器が圧迫されてしまうことで血行不良が起こり、子宮や腸に行き届く血液量が減少することで生理痛や便秘を引き起こしてしまったり、血行不良のせいで新陳代謝が低下してしまい、太りやすくなってしまうと言われているのです。骨盤矯正をして正しい位置に骨盤が戻れば血行は改善されて行きますので、骨盤が歪み血行が悪くなったことで引き起こされていたさまざまな症状が改善していくのです。骨盤の上にある背骨も整って行きますので、腰痛や肩こり、猫背なども改善されていくと言われています。

日常生活での注意が最も大切な理由

骨盤矯正を行って正しい位置に骨盤が戻っても、それで終わりではありません。毎日の癖で鞄を同じ側の手で持ってしまう、同じ側の足に体重をかけてしまう、足を組む、横向きで眠るといった何気なく行っている動作が、実は骨盤が歪んでしまう原因になっているのです。意識して片側だけに負担をかけるような動作を行わないようにすることが大切です。また、仕事中にパソコンを使っている時にだんだんとモニタに身体が前傾してしまったり、猫背になってしまうのも骨盤に負担を与え、歪みを引き起こしてしまいます。「右側を使ったら、次は左側を使う」というように、身体の左右どちらも同じように使っていくことが大切です。最初は慣れなくて大変かもしれませんが、さまざまな不調の予防効果も期待できますので、自分の身体の使い方に意識を向けて行くようにしましょう。

骨盤に無理なく体質改善を行う当社では、皆様にぜひ興味を持ちお試しいただくために、資料請求された方に特別料金をご用意しています。 50万人を超える骨盤矯正の経験と実績があります。 産後骨盤ダイエットは骨盤専門スタッフのいる当サロンにお越しください。 骨盤矯正にO脚矯正、小顔矯正など身体の歪み等に関するお悩みを医療的に解決するお手伝いをさせていただきます。 効果抜群の骨盤矯正サロンは【東京ボディセラピストサロン】へ